2021年最新版!九州・福岡、関西エリアを中心に西日本のファクタリング業者を徹底比較!最短でスピード解決のファクタリング業者をご紹介致します!

ファクタリングのメリット

  • HOME »
  • ファクタリングのメリット

ファクタリングの利用には、メリットとデメリットがあります。ファクタリングの申し込みの際は、福岡・九州エリアの皆様は当サイト掲載の優良ファクタリング業者に相談の上、お申し込みいただいた方が安心です。

ファクタリングのメリットとデメリットを比較

メリット

  1. メリット1売掛金を早期に資金化できる

    一般的に売掛先企業から入金があるまでに、30日から90日の場合が大半だと思います。その間に緊急な出費、売掛先の入金がリスケになった、などの問題が発生した場合でも、従業員の給料、ボーナス手当、外注費、材料費、リース代金などの支払いを止める事はできません。必然的にキャッシュフローが行き詰まってしまい、資金繰りに困ってしまいます。資金調達の方法として銀行融資でも最短1週間から2週間、ビジネスローンも同様です。そんな時こそファクタリングが有効です。最短1日で完了するファクタリング業者もあります。国も推奨しています。参考ページはこちら

  2. メリット2売掛先(受注先)が倒産しても支払いリスクなし

    売掛先(発注元)が倒産してしまった場合でもファクタリング業者から調達した資金を返済する必要がありません。売掛先(発注元)からの入金のお悩みを回避できます。

  3. メリット3ファクタリングは借り入れではない

    銀行やノンバンク系金融機関から融資を受けると、これは「 借入=借金 」となります。ファクタリングは売掛債権の売買譲渡なので、資金化(現金化)しても借金となりません。

  4. メリット4連帯保証人や担保は必要なし

    金融機関から多額融資を受けようとすると、連帯保証人や担保が必要になります。
    ですが、ファクタリングは上記の「融資や借り入れではない」という理由から、連帯保証人、担保も不要になります。保証人、担保不要となれば資金調達に悩まずにファクタリングを利用する事が可能となります。

  5. メリット5信用情報機関への影響なし

    民間ファクタリング業者を利用した場合、ファクタリングは融資ではないため、信用情報機関に登録する義務がありません。
    銀行系ファクタリング業者を利用した場合、信用情報機関に登録される場合があります。
    ※各ファクタリング業者にお問合せ下さい。

デメリット

  1. デメリット1手数料が必要

    ファクタリングを利用する場合、売買契約時に買取手数料をファクタリング業者へ支払う事になります。正確には買取手数料を差し引かれて入金されます。この手数料がファクタリング業者の利益となります。

  2. デメリット2債権譲渡登記が必要なことがある

    ファクタリング会社によって様々なようです。
    事前にファクタリング業者に確認しておく必要があります。
    債権譲渡登記とは?
    http://www.moj.go.jp/MINJI/saikenjouto.html

資金調達額無料診断

資金調達額
1分以内に診断!
匿名OK!

資金調達可能金額の表示

◆前々日は、16人が事業資金の調達に成功しました。

◆前日は、福岡4人・佐賀3人・大分3人・鹿児島4人が事業資金の調達に成功しました。

  • 都道府県(必須)
  • 市区町村(必須)
  • 直前期の年商(必須)
  • 創業時期(必須)
  • 現在の借入残高(必須)
  • 事業形態
    個人事業主法人
  • 翌月の売掛金 概算金額 (必須)
  • 翌々月の売掛金 概算金額 (必須)
  • 資金調達可能額をメールにて、送付させて頂きますので、ご入力下さい。
  • 貴社名(屋号)
  • メールアドレス(必須)
  • 電話番号
  • メッセージ

PAGETOP