2021年最新版!九州・福岡、関西エリアを中心に西日本のファクタリング業者を徹底比較!最短でスピード解決のファクタリング業者をご紹介致します!

手形割引とファクタリングの違い

  • HOME »
  • 手形割引とファクタリングの違い

売掛金を引き合いに資金を得る方法として旧来より一般的に知られるのが手形割引です。

ファクタリングとの違いを説明するために、手形割引について簡単に述べます。
手形とは物事の権利や権限を公に定めた文書全般を指しますが、通常は約束手形のことを言います。約束手形は「指定した未来日に予め定めた金額を支払う」とする行為を、金融機関と確約した証です。

他方、手形を受け取った企業は、約3ヶ月先まで入金を待てるほどの経済的体力が無いケースがあります。そのような場合に利用されるのが「手形割引」と呼ばれる手法で、販売先から振り出された約束手形を担保に融資を受けるのです。形式上は借り入れになるため、利息が発生しますよね。年利に相当する費用を手形割引率と呼び信用金庫・信用組合で2.5〜5.0%、メガバンクで1.5〜3.5%程度が差し引かれて(割引されて)現金が手に入る仕組みです。経済全体を潤滑に進めるために、日本経済は手形と歩んできたと言っても過言ではありません。

しかし、手形割引は審査の問題や換金までに、相応の時間を要します。現代では、より効率的かつ柔軟に売掛金を現金化する手法が求められており、その需要に答えたのがファクタリングです。

銀行で手形割引を利用するイメージ

ファクタリングとの違い

ファクタリングと手形割引は、売掛金を早期現金化するという目的は同じでも、決定的な違いが2つあります。

・ 一つ目は不渡りリスクの有無です。
ファクタリングは債権買取になるため、平たく言えば売ってしまった債権が焦げ付いてもお客様には何も支払いは生じません。万が一、売掛先会社が未払いや破綻を起こしたとしてもその保証義務はありません。お客様は「早めにファクタリング会社に売っといて良かった」となります。専門用語で「償還請求権が無い」ことから「ノンリコース型」と呼ばれます。
他方、手形割引は融資契約であり銀行に捧げた約束手形はあくまでも担保に過ぎません。売掛先が破綻すれば、担保の価値が消えます。銀行側は当然の如くお客様へ、貸付分の金額を請求してきます。返済義務が生じるのです。

・ 二つ目が審査問題です。
手形割引においては銀行からしてみれば、担保が手形なのか不動産もしくは何らかの財産なのかの違いで、融資の一種として扱われます。そのため万が一、不渡りが起きた場合に保証能力があるのか否かを重要視してきます。すなわち、債務超過・税金保険未払い・赤字決算などマイナス要素が多いと取り合ってもらえない可能性が高いのです。
対してファクタリングでは債権(売掛金)の信頼性に重点を置いて審査が行われます。
未払いがあれば損するのはファクタリング会社なので、正直あなたの会社の財務状況には興味が無く確実に回収できる債権なのかを最重要視しているのです。
それぞれ違いはありますが、簡単でスピーディな資金調達はファクタリングであるとご理解いただけ、一番おすすめできる手法です。

資金調達額無料診断

資金調達額
1分以内に診断!
匿名OK!

資金調達可能金額の表示

◆前々日は、16人が事業資金の調達に成功しました。

◆前日は、福岡4人・佐賀3人・大分3人・鹿児島4人が事業資金の調達に成功しました。

  • 都道府県(必須)
  • 市区町村(必須)
  • 直前期の年商(必須)
  • 創業時期(必須)
  • 現在の借入残高(必須)
  • 事業形態
    個人事業主法人
  • 翌月の売掛金 概算金額 (必須)
  • 翌々月の売掛金 概算金額 (必須)
  • 資金調達可能額をメールにて、送付させて頂きますので、ご入力下さい。
  • 貴社名(屋号)
  • メールアドレス(必須)
  • 電話番号
  • メッセージ

PAGETOP